屋根・外壁こだわりの建物診断

外装リフォームを失敗しないためにはまず建物の状態を詳しく調べる必要があります

建物を美しく保つだけではなく、外壁には建物そのものを守っていますが、時間の経過とともにその機能は低下します。 築年数が同じ建物でも、劣化の進み具合は異なります。また、同じ建物でも陽の当たり方や湿気のこもる箇所によって傷み方が違うので、建物の状態を詳しく調べる必要があります。

あなたのお住まいはこんな症状ではないですか? まずはわが家を見て触って確認してみましょう 無料/屋根・外壁建物診断 笠岡店店長 樽敏彦

どんなに耐久性の高い高級塗料をつかっても、
建物の傷んだところが正しく補修されていなかったり、
下地処理が適切にされていなかったりすると、その力を発揮できません。
建物のどこがどの程度傷んでいるのか、そして、
どんな補修が必要かを知ることが、外装リフォーム成功の第一歩なのです。
カスケホームでは、すべてのお客様に対して、
屋根・外壁の建物診断を実施しています。
お問い合わせを頂いた後に、ご自宅に訪問させて頂き、
どのような流れでチェックするのか、このページでご紹介していますので、
ご確認ください。



1訪問日時の決定

お電話でお伺いさせていただく日時を決めさせていただきます。
その際に「気になるところ」「築年数」などを予めお聞きします。


2訪問・ヒアリング

訪問・ヒアリング

お約束したご訪問日時に担当者と職人が現場の調査に伺います。
ここでは予めお電話でお伺いした内容の確認をさせていただきます。


3外壁の調査

実際に外壁の状態をチェックします。
壁に浮きがないかなどを触ってしらべます。
あわせて、雨樋や、ダクトカバーや木部の傷み具合も確認します。

外壁の調査

外壁の状態を詳しくチェック! ひび割れ、コーキング、チョーキング、塗膜のはがれ コケ、カビの発生

4屋根の調査

カスケホームでは屋根の調査も行います。Bi Rodという機材も扱います。普段お客様が目にする機会の少ない箇所ですので、サビの発生や塗膜の劣化など屋根・瓦の傷みを入念に確認します。水切りのチェックも必須です。

屋根の調査 その他にもこんな所もしっかりチェックします

5診断内容のご報告

診断内容のご報告

劣化箇所は写真を撮っていますので、それをお見せしながら状態をご報告し、後日「診断書」をお渡しします。
建物診断で新たに分かることも多く、「瓦の葺き替え」や「塗装できない場合の他の工法」などアドバイスもさせていただきます。

状況に応じたプランをお出ししますので、その場で決めていただくことはありません。

また、塗料は種類が多くそれぞれ特徴がありますので、「耐久性重視」「光沢がほしい」など機能性のご希望をお伺いします。


6お見積り

約一週間後にお見積り書をお届けします。


絶対に失敗しない外壁リフォーム冊子プレゼント
メールでのお問い合せはこちら 24時間受付中です!

このページのトップへ