外壁塗装をお考えなら、まずは自分の家の外壁の特徴を知っておきましょう。
塗装を長持ちさせるには、外壁材に合った塗装や補修が必要です。
次の表では、外壁の種類、塗装目安、特徴、よく起こるトラブルを説明しています。

石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などがあります。
優れた断熱性を持つが、寒冷地では凍害が問題となるケースがあります。
最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。

・目地のコーキング割れ  ・ボードの反り   ・チョーキング  ・紫外線による褪色
・爆裂(寒冷地)

初めて塗装工事をされる方へ

砂とセメントを水で希釈して混ぜ合わせてコテで塗りつけた外壁です。
防火性に優れており、強度が強い外壁材です。
防水性能が低くなると、急激に劣化が進みます。
15~20年前は主流の外壁材でした。

・モルタルの剥離  ・クラック(ひび割れ)  ・紫外線による褪色  ・カビによる汚染

初めて塗装工事をされる方へ

金属素材のサイディングボードです。
金属素材のため、防水性が抜群で耐久性も優れています。
25~30年以上前に主流の外壁材でした。

・白サビ、赤錆などの腐食  ・風による浮き  ・退色

初めて塗装工事をされる方へ

スチールやアルミニウムなどの金属鋼板です。
軽くて耐久性も高いので、既存の壁の上に貼り付けれます。
断熱効果にも優れており、さびにくいのも特徴です。

・スチール素材:サビ、褪色  ・アルミ素材:傷がつきやすい

初めて塗装工事をされる方へ

コンクリートを軽量気泡化した外壁材です。
断熱性、耐火性、耐久性に優れており、ビルなどによく使われます。
塗装が劣化したままですと、防水性が乏しいので内部からボロボロになります。
手遅れになると、再塗装ができません。

・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)  ・紫外線による褪色

初めて塗装工事をされる方へ

もっとも強度の強い外壁材です。
防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み、
専門的な改修が必要になるケースがあります。

・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地)  ・内部鉄筋の亀裂、破損

初めて塗装工事をされる方へ

自分の家の外壁がどんな材質なのか、どんな傷み具合なのか、
よく分からない場合はカスケホームに一度ご相談下さい。
「しっかりきちんと」お客様にわかりやすくご説明させて頂きます。

こだわりの建物診断
絶対に失敗しない外壁リフォーム冊子プレゼント
メールでのお問い合せはこちら 24時間受付中です!

このページのトップへ