そもそもあなたのお家の外壁・屋根塗装って本当に必要ですか?

家を長持ちさせるための外壁塗装で欠かせないことは…

建物の傷み具合を正しく知ることです

家を長持ちさせるための塗り替えリフォームに欠かせないこと、それは…
建物の傷み具合を正しく知ることです。
築年数が同じ建物でも、劣化の進み具合は異なります。
また、同じ建物でも陽の当たり方や湿気のこもる箇所によって、傷み方が違います。

どんなに耐久性の高い高級塗料をつかっても、建物の傷んだところが正しく
補修されていなかったり、下地処理が適切にされていなかったりすると、
その力を発揮できません。
建物のどこがどの程度傷んでいるのか、そして、どんな補修が必要かを知る
ことが、外装リフォーム成功の第一歩なのです。

カスケホームでは、すべてのお客様に対して、屋根・外壁の診断を実施しています。
屋根・外壁のプロとして、どのようなことをチェックするのか、
このページでご紹介していますので、ご確認ください。
 

プロはここをチェックします!お家のセルフチェックポイント!
外壁の診断
ひび割れ

1.ひび割れ

コーキング(シーリング)の劣化

2.コーキング(シーリング)の劣化

チョーキング(触れると白い粉がつく)

3.チョーキング(触れると白い粉がつく)

塗膜のはがれ

4.塗膜のはがれ

コケ、カビの発生

5.コケ、カビの発生


屋根の診断
サビの発生〔金属屋根〕

1.サビの発生〔金属屋根〕

コケ、カビの発生〔スレート瓦〕

2.コケ、カビの発生〔スレート瓦〕

塗膜の劣化〔スレート〕

3.塗膜の劣化〔スレート〕

板金の劣化

4.板金の劣化


防水の劣化〔陸屋根、バルコニー〕

5.防水の劣化〔陸屋根、バルコニー〕

塗膜防水のヒビ割れ

 

ドレイン(雨水が集まるところ)の汚れ

 

しっくいの劣化〔瓦屋根〕

6.しっくいの劣化〔瓦屋根〕


付帯部の診断
樋の劣化

1.樋の劣化

樋の塗膜の劣化
雨戸・シャッターボックス

2.雨戸・シャッターボックス


金属部分

3.金属部分

木部の劣化

4.木部の劣化

破風・鼻隠しの塗膜の劣化

5.破風・鼻隠しの塗膜の劣化


上記の他にもこのような症状はありませんか?

当てはまらないから必ず不要というわけでもなく、その逆もしかりです。
実際に「どの程度の塗装・リフォームが必要か?」という判断は、
一般の方には非常に難しいというのが正直なところです。

だから私たちは外壁塗装が必要か「正しく」診断します。

より詳しく、プロにチェックしてほしい!という方は是非外壁・屋根の無料点検をご利用下さい。

外壁・屋根無料点検実施中!! 屋根・外壁の診断をせずに出したお見積りはあてになりません。

業者さんによっては、建物の状態をしっかり点検せずに、塗装する面積だけを計算して見積り金額を出すケースもあるようです。

安いと思って契約したら、当然、含まれていると思ってた工事が、見積りには含まれていなかった…なんてトラブルもあります。
見積りをとったときには、どんな工事が含まれているのかをしっかり確認しましょう。

塗装工事の場合、お見積りには以下の内容が含まれます。
 


お見積り内容 

この中で、補修・下地処理以外の項目については、塗料と建物の大きさが分かれば、ほぼ正確なお見積り金額が出せます。

建物を長持ちさせるためにも、補修・下地処理は私たちは手抜きができません。
当社では、屋根や外壁の診断なしには見積り金額がお出しできませんので、あらかじめご理解ください。

絶対に失敗しない外壁リフォーム冊子プレゼント
メールでのお問い合せはこちら 24時間受付中です!

このページのトップへ